低価格戦略

昨日は神戸のある物流施設を2件見学に行って来ました

一つは食品物流のセンターで、もう一つはアパレルのセンターです

両方とも、今は勝組でありその設備はすばらしい物でした

でも、疑問に感じたことがありました

一つ目は食材配送での施設・システム共にすばらしくコンピュータを駆使しシステムを運営してます

又そうしないととても実行不可能でしょう?そう思われました

でも単価の安い食材でその設備費用を賄えるのか?

二つ目はアパレルの配送です、今この分野も1000円を切るジーンズの価格競争で

マスコミを騒がしています。

ここは知人がいたので少し経営面での話も出来ました

彼曰く、仕事はそこそこあり結構だが顧客の値下げ要求がエスカレート

常に値下げの危機感に追いかけられているとのこと


よくよく考えるに二つとも、低価格戦略で今のところ勝組にいると言ったところ

両者とも下請けが耐えられないとこぼしているのが目に見えるようだ!!

今のこのデフレの時代低価格戦略しかないのか?

この答えは、イエスなのだろう

それに反対する自信を持った経営者は少ないだろう

もう数年前になるが『ブルーオーシャン戦略』なる本を読んだことがある

これは隙間産業でも無し、低価格戦略でもない

もう一つの考えなのか私にも定かではない

でももうそろそろ安売りはやめようよ!!!みなさん!
[PR]
# by sun-logi | 2009-10-27 15:46 | 経営関連 | Comments(0)

アグリビジネス

半年位前から色々の本を読んだりして

興味を持っている問題にアグリビジネスがある。

もう1年以上も前から一部の人(経済通)のメルマガや雑誌に

良く語られていた問題に『日本の農業がアジアで競争力がある?』

日本の米が中国のスーパーマーケットでよく売れている、

中国の富裕層に日本の食材が”安全・安心・美味”で人気が高い!!


との話の流れから、日本の重要な輸出品になってきていることです。

日本では農業政策の失敗から後継者不足となり、

多くの若者に嫌われている農業が・・・

これからの日本の将来語る上でキーワードになると?

私はこの事に関する本を数冊読み

自分なりに夢を描いてみた。それは・・・

セミプロ農家が地産地消市場で地域を活性化する?

このことは、もう既に多くの地域で具体的に活動が始まり

地道に着実に進んでいるようです。

わたしもこの動きに合わせて需要を作る側に立てればと

考え夢を追っかけていきます。

[PR]
# by sun-logi | 2009-10-23 15:00 | 経営関連 | Comments(0)

老いるとは?

昨夜・今日とテレビで芸能人・南田洋子の死について多くの報道がされた。

彼女が痴呆症を患い病気と戦っている時、

テレビ番組でその様子を放送していたのを以前見た事があり

人が老いていき、死を迎えることのテーマを考えさせるものだった。

私も母が85才で一緒に住んでいるがこの老いと戦う毎日である。

未だ母は年相応の物忘れはあるが、普通に生活している。

先日、ベットから落ちて大腿骨を骨折し入院した。

この時同じ病室には同年代の人ばかり、

又皆が大腿骨骨折という状態、転ぶと足の骨折となるため、

痴呆も進んでいる人から年相応の人まで色々

介護を必要としている人達ばかりで

看護士・介護士の人達も大変忙しい限りだった。

これを各家庭で行えと言っても無理がある。

長生きは良いが、解っているうちの話である。


我々子供世代の話題も大部分が親の介護か?孫の話?

いつも、そう思いながら同じ境遇の愚痴のこぼし合いとなる。

[PR]
# by sun-logi | 2009-10-22 12:01 | 社会一般 | Comments(0)

揺り戻し

最近、マスコミではダム建設・郵政民営化・年金等の問題に

対する政府の姿勢を厳しく指摘したり、

煽ったりと甚だ焦点が振れまくり混乱している。


そう思うのは私だけかな?

ダム推進派の愛知の地方自治体の長が当選し、

羽田空港ハブ化・その反対派一体国民はどうしたいのか?

リーダーは大変ですね?

要は好きなことを言い、無責任極まりない国民とどう向き合うか?

政権が替わってもそう大きく変わらない結果となり、国の赤字だけが増大する。

こんな時代が進んでいる様ですね。


こんな時代・ポピュリズムの時代の次に真の民主主義が来ると、

歴史が語っているそうですが、何時になることですか?


我々は政治に頼らず、景気に振り回されずにこつこつ商売を考えていくだけです。
[PR]
# by sun-logi | 2009-10-21 09:17 | 運送業界 | Comments(0)

日曜参禅会

私は毎週日曜早朝より近くの禅寺で参禅会に参加している。

この参禅会はあまり形式ばらずに、又自由参加なので負担にならずに

参加出来るのも魅力である。参加料はお菓子を持参すれば良い。

いつも10名前後で寺の住職が居れば参加、居ない時もあるが

参加者で自由に座ることが出来る。

ここに参加してて、色々な人が来る。

やはり何かを求めて、何かに救われたくて来る様だ。
又マニアックに宗教・禅宗に救いを求めて来ている人もいる


ただ、永く見ていると只座りたくて来ている人が一番長続きする、

そんな気がしている。


禅宗には止観只座と言って、只ひたすら座ることを意味しますが

これが、簡単な様で、非常に難しく困難である。

それだけはこんな私でも少しは分かってきた。


座禅の後、作務をして、お茶を頂き、談話して終了となる。

作務は庭・本堂の掃除が主である。

家で掃除などしたこと無い私が掃除である。驚き!!

その後、一同正座無言で庭を只ひたすら眺めお茶・お菓子を頂く。

その後車座になり、各々順番に短く話をする。

ここで、色々な話が出て人生勉強になるのです。

これから、この座禅についてちょくちょく書きたいと思います。

興味のある方はご期待を願います。
[PR]
# by sun-logi | 2009-10-19 09:30 | 趣味 | Comments(0)