高速道路会社

先週に引き続き不満・疑問を話したい

年を取ると、社会や組織に不満を持ちやすく

ブツブツと小言をよく言う老人にやってきたようだ、

イヤダネ~!!022.gif

高速道路の工事について文句が言いたい!!

ご当地の三重県では背骨を南北に東名阪自動車道が走り

その延長が南に伊勢自動車道・西には名阪国道から

西名阪自動車道それに接続した新名神高速道路

伊勢湾岸自動車道があり道路事情には恵まれた地域で

あるが、反面困った事も多い地域でもある。

それは、東名阪自動車道の四日市JCTから亀山JCTの間

旧来の東名阪自動車道に集約されて交通渋滞が恒常化している、

地元は高速から地道に下りても同じ渋滞が激しく国道1号線・23号線

どうしようもない渋滞になる事が多い地域である。この東名阪自動車道で

こともあろうか亀山~四日市間で道路工事が始まったのである。

この間は去年大きな渋滞を重ね道路拡幅工事を終えて2車線から

3車線化が終わりホットしていた所に、今回の工事である。

おまけに去年3車線化した区間を1車線に絞り込む状態で行われた。

実はこの工事期間中にこの高速道路では死亡事故がおきており

渋滞どころか人命を奪うことにもなったのだ。

渋滞・工事が事故の直接的原因とは言わないが、この工事のあり方

やり方が大きく影響している事は間違いないと
私は考えている。

三重県では今年は死亡事故件数が増えて県警地域警察

警戒と呼びかけを強めているが、確かに事故は当事者の不注意等とか

によるものだが、その背景にある道路環境等にも大きく影響を

受けるものと考えている。


どうか、道路会社においては工事のあり方にもっと配慮をお願いしたい。

有料であることからも、その責任と配慮を世間・国民は要求すべきと考えている。

親父の小言で失礼しました。
[PR]
by sun-logi | 2013-06-20 13:42 | 安全運転 | Comments(0)

今日は、トラックメーカーに対する不信感を書きたい022.gif

メーカーは具体的に言うと「三菱ふそうトラック㈱」です。

詳しく話すと、平成24年9月に新車登録した同社製のトラック

先々週運行中にエンジンがダメになり、走行不能となった。

この車の仕事は自動車部品を扱う仕事で自動車組み立てラインを

止めないように、代車を動かし客先には何とか迷惑を掛けない状態で

取り敢えず対応出来た。しかし、車はエンジン総取替えとなりその原因は

いまだ不明である。

この故障から1週間経ってもディーラーから何の連絡も無く気を

揉んでいたが、堪らずディーラーに電話したところ責任者はそのことすら

知らず呆れるばかりであった。この会社はどうなっているのか?

故障事故に対する対応の悪さ、その後の修理の報告などメーカーの責任を

追求していきたいと考えているが、このお粗末さにはただ呆れるばかりだ。


この運行車両は8ヶ月しか運行してない上、距離は中距離の仕事であり

荷物は自動車部品等の多少重量物のため、いわゆる中型車である。

型式は QDG-FQ62F で、原動機の型式は 6M60 である。

ドライバーの話によると、運行途中エンジンの調子が変だったので、

一度停車して様子を見、又運行を始めて1時間後エンジンの回転が

異常に上がり、煙が出てきて停車、オイルが路面に大量に漏れ出した。

とのことであり、修理に駆けつけたディーラーの作業マンも故障の

症状を先に言い当てるほど解っていたと言う。しかし、今ディーラー側は

「こんな故障は初めてで例が無い。」として、その原因を調査中とのこと

現場の声と大きく違う見解である。どちらかがを言っているのでは?と

疑いたくなる。「さあ・・ふそうトラックさん、どんな報告してくるのか?」

楽しみである。私のブログの読者で同じような事例を聞いたり、

知っていたりする方は是非一報をお願いします。
これから交渉です。
[PR]
by sun-logi | 2013-06-11 10:10 | 安全運転 | Comments(0)