人気ブログランキング |

カテゴリ:趣味( 133 )

見事な枝垂れ梅

ブログの前回はお雛様でしたが、今回はお雛様に付き物の梅について語ります。

先日、隣町の鈴鹿市にある「鈴鹿の森公園」に行って来ました。

ここは当社の得意先である赤塚植物園様が全国を巡り梅を探し古木・銘木といわれる梅を大切に集めて

移植した梅園です。旧家の庭にある見事な梅を地主さんに何度も足を運び譲って貰えた苦労話などを

聞かせて頂くと梅にかける情熱と愛情をつくづく感じるものです。

そしてこの梅園は、当地近くの月ヶ瀬や員弁の梅園と違い、木々の一本一本が一般家庭の庭で育てられ

愛情のこもった庭木である。言わば家族同様の扱いの木々であり、それぞれの木々の存在感が全然違う。

そんな個性のある梅を全国から集め、これまで長年育てられた環境とは違う所で育てるその難しさは

大変なご苦労があると思います。そんな御苦労の上で、今年も見事な花を咲かせてくれました。

写メでその見事な姿をご堪能ください。102.png
 
c0210803_11364273.jpg
c0210803_12234306.jpg

by sun-logi | 2019-03-11 09:52 | 趣味 | Comments(0)

お雛様!

c0210803_12252302.jpg
このお雛様は当社の玄関・受付のカウンターに置かれていました。そう過去形です。

今朝3/4の朝一で撤去となって少し寂しいです103.png

このお雛様は実は私の女房・紙粘土の先生をしている・自信作で表情はとても可愛く、愛らしい、

癒される表情の人形です。確かに数ある作品の中でも、このセットは私も好きな作品です。

私としてはもう少し置いておいても良いと思っていたのですが、早々に片づけてしまいました。

私共には女の子もいないし、社員に未婚の女性もいないのでそんなに急がなくても良いと思うのですが?

もう玄関でお客様を癒しの笑顔でお迎えする者が居りません、でも又他の作品を飾ってくれると思います。

楽しみにして、ご来社ください!宜しくお願い致します。



by sun-logi | 2019-03-02 12:25 | 趣味 | Comments(0)

イタリヤ旅行

中国の春節と被る時期に夫婦で「60歳からの初めてのイタリヤ旅行」に行って来ました。

この企画は旅行会社が建てたものですが、11名の参加があり同世代で行程も無理しない2都市で2連泊がある、

老人に配慮したものでした。やはり同世代ですから青春時代や流行の好みなど同時代の背景が理解できて、

旅の友としては、楽しいものとなった。訪ねる国が”イタリヤ”という事もあり、食事には、日本人には馴染み深い

イタ飯であり、又青春時代に流行った映画ヘップバーンの「ローマの休日」の印象も深い国として、

我々世代には憧れの国の一つとして人気が高いですね。実をいうと私達もイタリヤは今回で二回目で、

正確に言うと私は2、5回目ですが、未だローマには行けてなかったのです。そこで今回はベタなパック旅行に

参加した次第です。ローマはやはり凄いですね。歴史の古さと魅力ある街並み・絵画等と街がそのものが芸術品と

しての価値がありますね、それにそこを今も使って生かしていることに感心ですね。

私はパスタ・ピザとイタ飯を堪能して、太って帰ってしまい。今苦労して絞っています(笑)
c0210803_10534191.jpg



by sun-logi | 2019-02-21 10:29 | 趣味 | Comments(0)

スキー連休!

1月の連休に私は「白馬八方尾根スキー場」にスキーに行って来た。

私はここの旅館で大学4年次に卒論のOKを頂いて直ぐにバイトを始めた。

バイトは12月中旬から入社式1週間前まで続けた思い出深いものだった。

社会人になってからもスキーバカを続けて北海道~九州まで転勤先々でも、それぞれ楽しんだ。

特に博多勤務の折は、冬は毎週土曜日に佐賀県の”天山スキー場”に通ったものです。

九州で毎週するとは殆どの人は信じないと思いますが、私にはそれが唯一の楽しみだった。

ところで、1月の八方でのスキーは去年・今年と2回目、雪が多く質は良かったので今年もとなった。

残念ながら、今年は雪が少なめではあったが、雪質は”キュッキュ”と鳴く程で嬉しいかぎり!

いつもの元バイト先旅館で一人食事していると、同じく一人客がいて話掛けるとなんとその人は

名古屋大学スキー部OBであった。実はこの旅館”名大スキー部”と関係が深く、

合宿などに利用されていたのは私達のバイト時代と同じで、そんなこともあり親しく話合った。

彼も就職して20年位は八方から遠ざかっていたが、名古屋に単身赴任をきっかけに帰って来たという。

私と話が合いうれしくなった。彼は今年、学生時代を思い出して”リーゼンスラローム大会”に出場することを

今シーズンの目標にしているとのことだった。凄い見上げた根性と感心した。この大会を知っている人は

その事の意味が分かってると思います。そんな楽しい3連休を過ごした。

最後に兎平で珍しく自撮りした景色をアップします!
c0210803_13324263.jpg


by sun-logi | 2019-01-19 10:47 | 趣味 | Comments(0)

猛暑から逃亡!

暑い中忙しい思いをしている皆さんには大変心苦しいのですが、私この猛暑から少し逃亡してました148.png

年初めから計画していた”スイスのトレッキング旅行”を実行したのです。

たまたま今夏で一番暑いお盆前に逃げ出すことになったのですが、スイスの街も結構暑くて最初に着いたバーゼル

やベルン(スイスの首都)等の気温は30℃を超えて32~3℃あった程でした。

今日の報道でもベルン近くのアルプス山脈・氷河で72年前に不時着した米軍機が氷河が解けてその残骸の一部が

現れたと報道されていた。それほど、欧州も今年の夏は異常に暑くてフランス等では死人も出ている様です。

街はそんなで暑いのですが、私は只管トレッキングが目的でしたのでアルプスの山麓の小さな町で滞在することが

多くて、ホテルにはクーラーもない静かで爽やかな空気を毎日吸っていました。

但し、トレッキングはそれなりに歩く時間もあり高低差・ガレ場もあり急峻な尾根を歩くこともありのそれなりに

楽しむことが出来ました。何よりも怖いのは「高山病」で私達とは違う家族連れグループの子供が泣き叫び

体調不良を訴えているのを見ました。簡単に登山列車・ロープウエイ等を乗り継いで、日本の富士山を超える高所

に来れることに驚きますが、その環境の急速な変化に体がついてこないのも無理もない事実です。

私達大人は注意を払いながら体を慣らすことに注力しますが、子供には何分無理がありその犠牲になることが

多いそうです。子供は雄大な景色と大量の雪を目の当たりにすると喜び・騒ぎ・はしゃいでしまうから危険性大。

可哀そうですが仕方がないと、そうなってしまえばすぐ下山しか対処方法はないそうです。

そもそも今回の旅行の目的は、私の亡父がアニメ「アルプスの少女・ハイジ」が好きで、私も好きだったことから

その風景を見て堪能したくて、単なる観光ではなく”トレッキング”が多く含まれているこのツアーに参加した

次第です。そしてその原風景を初回のトレッキングの”アイガー北壁の麓”を縦走する時に堪能させて頂きました。

この縦走は時間も長く・歩き応えのあるコースで、景色も北壁の岩場を背景に麓の草原の斜面・牧草地帯が

延々と続く、正にアニメ場面の原風景です。ガイドさんの説明でもこの景色を写生し、使われたとのことでした。

そんな景色の中を何時間も歩くことで、十分にスイス・アルプスを堪能し、癒された気分となりました。

自分が今回の旅を無事に終える環境にいることに、大いに感謝しつつ帰国しました。謝・謝 112.png
(写真はその景色)
c0210803_13161727.jpg


by sun-logi | 2018-08-18 11:03 | 趣味 | Comments(0)

夏の甲子園!

高校球児の必死なプレーを見ているといつも心打たれますね103.png

今年は当地”三重代表”は津市の郊外にある”白山高校”です。

HP表紙にも書きましたが、この高校は三重予選で初戦敗退を10年間続けて今回いきなり優勝だそうです。

凄いですね!私も全然野球では知りませんでした・・・申し訳ないです!

数年前には部員たったの5人で、球場は草だらけで草引きから部活を始めたと言います。

余程監督が良いか?子供たちが良いのか?両方良いのかな・・・皆が力を合わせて頑張ったんでしょうね。

キャプテンが甲子園での試合に「楽しんでプレーしたい!」と元気にプレッシャーを感じさせない発言。

相当努力している筈なのに、その伸び伸びとした発言と態度には好感が持てました。

しかし頑張るのはどの学校も一緒ですよね、初めの頃は白山のネームを付けたウエアーを部員達は自分たちが

弱小チームなので恥ずかしがっていたそうです。それを監督は「胸を張れるチームにしたい。」との思いから

コツコツと努力したそうです。野球の名門と違い設備や環境に予算等も全然ない、

ナイナイ尽くしに違いないと思います。こんな学校が一挙に甲子園に行く、物語や映画の絵になりますね。

この美談は・・・日本人が好きな”勧善懲悪・判官びいき”の典型かな?

なので、行き成り全国放送で取り上げられて、山間の街が大盛り上がりです。

正直、私達も予選段階で名門強豪校に負けるだろう?と失礼ながら思っておりました。

それが、結構な点差で相手を負かして優勝です・・・唖然としたものです。

当社にもこの高校のOBが沢山いますが、優勝の時の校歌斉唱では涙ぐみながら歌っておりました。

青春時代に舞い戻ったのでしょうか?羨ましい限りです。

殊の外暑い今年の夏に清涼な空気を運んでくれた「白山高校」を応援したいです。

by sun-logi | 2018-08-03 11:24 | 趣味 | Comments(0)

研修下見!

私は地元で”オジサン達の勉強会”に参加している109.png

この会は、年に1回夏に合宿を行うことになっている。

去年は豊川稲荷に行って、地元の花火大会手筒花火を初めて見たり、

稲荷の宿坊に泊り朝のお勤め参加したりとなかなか普通の旅とは一味違うことを

体験させてくれるもので、自分も楽しみにしている。

合宿なのでこの年でも贅沢を言わず、大部屋で雑魚寝と食事は質素なものとなっているが、

違う楽しみがあるので、これはこれで勉強と納得できる体験である。

今年は私が合宿の担当となり、場所は”城崎温泉”と決まった。城崎は最近外国人に人気の温泉として

西日本では1番の観光スポットとなっている。しかし、我々仲間には近くて遠いスポットで意外と

行っている人が少ない所です。そこで、城崎に行くならホニャラララ・・・とお立ち寄りポイントを、

行きは「天橋立」・「伊根の舟屋」と帰りは「出石城下町」「竹田城」と企画したが、なにせ土地勘がない。

しからばと、先日女房と下見旅行と相成った次第です。さすがに現地は遠く道路事情もまだまだで運転に

疲れ果てたが、予定のルートは確認できました。

昔ながらの観光地と言った所ですが、外国人にはこれが”新鮮な日本”なのでしょうね!
c0210803_10490724.jpg





by sun-logi | 2018-06-15 10:39 | 趣味 | Comments(0)

連休の楽しみ!

今年も春のゴールデン・ウィークがやって来ましたね114.png

私は毎年連休には長野県・白馬八方尾根スキー場に出かけてスキーを満喫します。

というのも、学生時代このスキー場の旅館でバイトをして一冬過ごした経験があり、

私の忘れられない青春が今もそこにあるからです。

この時期は里では桜が満開で、山の上では残雪を楽しむといった贅沢な時間を過ごす。

今年は冬積雪が非常に多くてスキー場でも苦労していたが、春はとても暖かく雪が解けるのが非常に早くて

今度は雪不足で心配といった状態で”天気に翻弄”されていた。

それでも、雪を求めて多くの人が最後のゲレンデを思う存分楽しんでいるのが、いつものことながら嬉しい。

しかし、今年は新しい板を買って初めての連休での滑りとても良く滑り快適ではあったが、

その滑りに体がついていっていないことに、気が付き体力の劣化に改めて実感した。”年とは恐ろしい”ものです。

連休前に同年の同業社長の訃報に接し愕然として”年とること”の恐ろしさを知ったが、

体力の劣化も恐ろしいものですね、困ったものだ122.png  写真は里の桜です113.png
c0210803_15030350.jpg


by sun-logi | 2018-05-07 15:01 | 趣味 | Comments(0)

夜桜見物

c0210803_10335180.jpg

29日木曜日いつものスポーツ・クラブが休みのこともあり、

近くにある「偕楽公園」に桜を見に女房と出掛けた171.png

家から10分程の距離にある所ですが、途中桜がキレイに咲いている場所を回りながら散歩を楽しんだ。

公園は旧藤堂藩の別邸があった所とのことだが、桜や山ツツジが綺麗に咲くことで近所の名所である。

公園には夜店や茶店がこの期間だけ設営されて、花見客に食べ物や飲み物を提供しており、

これも楽しみの一つとなっている。

私は夜店で売られている”たがね餅”が大好きで、買って食べるのをいつも楽しみにしている。

たがね餅とは”もち米とうるち米”を混ぜた餅を串団子にして、焼いて”みたらし”を付けて食べるものです。

餅は少し堅い米が餅の中にあり独特の食感の物で、それを焦げ目を少し付くほど焼いてからタレを付ける。

香ばしさと醤油べースの甘辛いタレが絶妙のハーモニーを味わえる・・・

上の写真は偕楽公園の茶店と桜・花見客です!



by sun-logi | 2018-03-31 10:31 | 趣味 | Comments(0)

最近のゲレンデ事情

2月の連休で久し振りに”八方尾根スキー場”に出かけた114.png

今シーズンの雪情報は積雪量の多さが目立ち、私はいつものゴールデンウィークまで待てない程誘惑されて、

気持ちが流行りいたたまれなくなってスキー場に車を走らせた。

その一番の魅力は積雪量とゲレンデですが、雪は4m程でその雪質は粉雪・湿雪程度で一晩で30~40センチは

積もり、朝一番にはこの新雪が堪能できる。今年はそんなスキーには恵まれた天候でした。

又、ゲレンデの八方尾根は”長野オリンピック”のスキーのメイン会場で滑降・大回転・回転・ジャンプに良い斜面

があり、国内でも有数のスキー場だと思います。前にも書いたが、私はここで学生時代最後に1シーズンバイトを

して過ごした所で少しは知っている。しかし、最近の事情を知らないので、今回のツアーで感じたことや思った

ことをここに綴ることにします。先ずゲレンデがあか抜けしてオシャレになったこと、ロッジ・レストランも

メニューが昔のカレー・ラーメンとかだけでなく、ピザ・パスタ・ステーキ等と街のレストラン並みでスタバ

コーヒー
もある。何より外人客が多いこと、それも金髪の人達・オーストラリア等の南半球の国々からが

多いそうだ。それだけではない、それらの国々からのバイト生が多くいる。リフト乗り場の係員に金髪女性を

多く見る。リフトで隣り合わせた外人と話したら、「英国人で現在シンガポール在住で家族でスキーに来ている。

日本でスキーするのは3回目でそれぞれ有名なスキー場に来たが、白馬はとても良い。」
と言っていた。

日本のスキー場も随分国際化したものだ、白馬の別荘・マンションも外人が多く購入しているとのこと。

又、ゴンドラに乗車した時、外人と日本人のグループと一緒になった。彼らは家族ぐるみの付き合いらしく、

流暢に英語で会話していた、私には異次元の世界であった。片言の旅行英語ではなく、冗談も言い合う

そんな羨ましい雰囲気に今時の若者に対して嫉妬さえ覚えた・・・

日本は国際化したものだな~・・・地方でも、いや個性・魅力のある地方こそ国際化していることを

実感した次第です。






by sun-logi | 2018-02-19 12:47 | 趣味 | Comments(0)