大和撫子

タイトルの「大和撫子(やまとなでしこ)」という言葉はもう既に死語になっています。

でも今回この言葉を取り上げたのは、先週このブログにアップした”スイス旅行”でのことです。

この旅行はトレッキングを主体に考えた企画で通算4回の山歩きが計画されていて、

その時のガイド4人の内3人が日本人女性でした。

この娘達は夏スイスでガイド等をして過ごし、冬は日本で働き過ごすといった生活をしていると言う。

何と自分のスタイルを貫くというか?人生を謳歌しているというか?羨ましい限りである。

我々の旅行グループは60歳以上の高齢者ばかりでしたが、その皆さんが彼女達の生活スタイルや行動力に

驚いていました。特に3人の女性達のうち一人が二十歳であることに大変驚き、

おじさん達が一様に「親が良く許したね?」と質問したのですが、当人はサラリと「母はポカ~ンと!

驚いてました。」
という言葉に、私達も大笑いとなった。でも今現在私達の目の前に本人が居るわけですから、

実行したのですね! 私達の息子には、とても期待できない精神力です。

この本人は、水泳等で鍛えたとのことで身長・体格も良く溌剌とした性格で好感が持てた人でした。

日本の男子は大変な受験戦争で苛められて、少子化の中で親の期待を一身に育てられたためか危険を冒さない。

冒険などしない、堅実な人生を歩むことを親に押し付けられているのか、本人がそう思っているのか?

”こじんまりとした人格”が多いように感じます。それどころか、いわゆる”オタク”が多いように思います。

世間では「女性の途用・活躍」を囃し立てていますが、現実はもっと進んでいるのではないでしょうか・・・?

写真はそのガイドさんから教えてもらった「エーデルワイス」の可憐な花です。(真ん中・白い花)
c0210803_09442166.jpg

[PR]
by sun-logi | 2018-08-28 11:40 | 社会一般 | Comments(0)