人出不足問題

世間で”人出不足”をいう声が聞かれるようになって久しいですが、

本当はどのように人出が足らないのか?また求職者はどのようなことを考えているのか?

と考えさせられることが最近よくある。AIが進歩し自動運転が普及すれば、ドライバーの仕事が

無くなるとマスコミは不安を煽り、将来性を否定するかのごとき物言いである。本当にそうなるか?

そんなに早くそうならないし、出来たとしても東・名・大の幹線輸送の高速道路部分だけが先行実施されるのが

精一杯のところだと思っている。認識不足と言われれば仕方ないが、少なくとも私が生きている間では

そんなものだろう。幹線輸送が自動化するだけでも、運送業界はそのメリットがある思われる。

AI・ドローンが我々の業界に普及するのはまだ夢の話だし、ラストワンマイル人出不足解消には時間が必要だ。

そうなると今いる人達で物流を担うわけだが、新規の人に期待は出来ないのか?出来る思う。

運送業界に対してマスコミが不安を煽り、その尻馬に乗せられた女性達とは別に、対人関係に弱い”オタク”ぽい

若者の多い現実
を見ると、我々業界が歓迎すべき人材が多いと判断している。

マスコミのミス・リードが害悪となって困りものではあるが、そんなに暗いのもとは思っていない。


[PR]
by sun-logi | 2018-04-26 08:38 | 運送業界 | Comments(0)