物流倉庫事情

先日、得意先が移転する配送センターの候補地探しに同行した。

愛知県小牧市周辺は前々から中部圏でも物流基地の多い所です。

当地は名神高速道を初め多くの高速が集まり道路事情も益々良くなり

近年は周辺には更にその規模が大きい施設が出来て来ている。

我々が見に行った施設も正にそれで、デベロッパーは三井不動産・

野村不動産
といった東京の都市開発・マンション開発で有名な業者。

聞くと関東でも多くの倉庫物件の実績があり、これからは中部・

関西の案件にも力を入れて行くとして積極的に展開するらしい。

その倉庫物件は規模が大きいだけでなく、とてもオシャレで入り口は

高級マンションのエントランスを想像できるガラス張りのセキュリティーにも

充分配慮されたものでした。事務スペースの出入り口やエレベーターも

セキュリティーがなされており、喫煙場所もガラス張り喫煙スペースが設けられ

それこそお洒落なオフイスビルかマンションと見間違うくらい。109.png

トイレも綺麗で木目基調の落ち着いた雰囲気、女性のパウダースペースも考慮され、

働く女性に充分配慮されている。おまけにカフェテリアも完備し、ミニコンビニや

テラスまである。それも50席~90席と広く、デザイン・採光が良くで電源・WiFiも

整備された快適な空間でした。
快適そのものを前面に出したその施設は人出不足対策として

快適な労働環境を周辺住宅地に近い所に作ることで、それを実現しようとしている。

今回の見学は旧来の倉庫を払拭する考えを示してもらう大変良い機会でした。

この時代は”こういう時代”に変わって来ているんですね!



[PR]
by sun-logi | 2017-06-03 11:13 | 運送業界 | Comments(0)