宅配再配達問題

先日イーロジットの角井さんのブログを読んでいて、

私と同じ意見だと思い意を強くした。045.gif

それは昨年のNS物流研究会主催の大学ゼミ対抗研究発表会でのこと

その発表会の中で優勝した海洋大学ゼミに対して私が質問したことの

返答が「再配達に際して消費者からその料金を徴収すれば良い。」でした。

結局このゼミは優勝したのだが、正直この回答に私は大きく失望した。

現在・現実にこの再配達に関わる費用は運送業者が負担していることの

実態さえも理解していない学生が考えたことだから仕方ないとしても、

最近このような意見に乗っかり業界を動かし、お茶を濁そうとする役人か?

業界の浅薄さに呆れ返る次第です。

角井さんがブログで//

再配達有料化があるじゃないかという人も居ます。

でも、誰がやるんでしょうか?

再配達有料化は「最後にやった者勝ち」です。

イコール「最初にやった者負け」なのです。

最初に勇気をもって、再配達有料化を始めた事業者は、

確実に顧客が離れます。

頭のいい事業者は、有料化は最後までやりません。

お客さんが来ますからね。

 宅配を一発で受け取るグループ!> http://j.mp/2ddqXuV
 再配達依頼ワンクリックアプリ「ウケトル」!> http://j.mp/uketoru

//と書いていますが、その通りなんです。

結局、誰もやらないし・出来ないとなる。

そして役人は「出来ない業界がいけない、弱い!」と言うでしょう。

この考えは所詮「役人の考えでしかない。」「他人依存・責任逃れの考え」

誰もが・損しない・負担しない、そして皆が上手くいく

そんな方法を考えることが”イノベーション”なのではないでしょうか?・・・

私はそう思います。
[PR]
by sun-logi | 2017-01-30 14:34 | 運送業界 | Comments(0)