年末挨拶回り

今、恒例の年末挨拶回りを行っている040.gif

いつもこの挨拶回りで得意先景気動向やその企業の動向

感じ取るいい機会なので、私は大切な時間と認識している。

この挨拶回りで、いつも感じるのは得意先個別の経営環境や

経営方針で大きくその企業の景気を左右している事実
がある。

景気アンケート行政が示す景気動向とは違う事実がそこにある。

私が接する目の前のお客が日々のオーダーを出す元であり、

その積み上げが当社の売り上げになっている。

間違いなくこれは事実である。

良く世間では商売人同士が集まると「景気はどうですか?」

挨拶代わりに会話すると言われるが、そんなの何の当てにも

ならない。相手が「サッパリですな!」と言うことで自社の成績を

世間の景気の悪さのせいにする言い訳にしているだけである。

世間が悪いから仕方がない、景気が悪いのは政府が悪い、

政策が悪いと他人任せの依存体質そのものである。

最近とみに若い経営者が羨ましいと感ずる。

若さは冒険に挑戦しようとするし、それがためのエネルギー・時間も多くある。

私もその刺激を受けて、まだまだ頑張らなければと自分を鼓舞している。
[PR]
by sun-logi | 2016-12-17 10:28 | 経営関連 | Comments(0)