英国のEU離脱!

先週末からイギリスのEU離脱問題が大きく取り上げられ、その対応と影響

を心配する報道が盛んに行われている。

内外の株式相場は大きく動揺し、為替相場も同様の動きをした。

私は少し前から多少英国・欧州に関する書籍でその歴史等に興味を持ち読んできた。

以前は米国留学での知識を売りにしていた人の書籍を読む機会が多かったが、

最近では英国で勉強してきた人・中西輝政・浜矩子などの著作を読むことも

多くなっていた。

私には声高にグローバル経済を叫ぶ米国に疑問や納得できないものが生まれてきている。

又、中西氏が言う様に世界の政治・経済の歴史的な流れ・潮流が大きく変わろうと

していることに興味が惹かれる。

今年は世界の主要国リーダーが多く変わる年です。その最たるものは米国ですが、

何故トランプ氏が出てくるのか?成金男で暴言を撒き散らす姿は昔の西部劇

カウボーイそのものだ。南部アメリカ気質の象徴とも言えるが、

本人は以前民主党に属していたとのこと。

一体プリンシプルはどうなっているのか?呆れ返る人だ。

それに関する報道を見ていて米国のポピュリズムが救い難いと嘆いていたが、

英国も国民にポピュリズムが蔓延した結果が今回の事件だったのだろうか?

旅行するにはEUは便利で楽と我々はその表面的なことに感動し、

恰も「欧州は一つ」と信じ切り、その本質的な問題を解決しないままであることに

目を逸らしていた。

EUも出来て時間が経ち、多くの問題が表面化することが多くなっていた。

「まさか・・・?」を心配していなかった。

しかし、歴史を遡ると十分にその可能性はあったことであり、

歴史はそれを繰り返したのだと思える。歴史とはそういうものなんだろうな?

各国の民衆の間にはポピュリズムが蔓延し、

それと対極に極右勢力が台頭して来ている。

国際関係では明らかに”ナショナリズム”への道を歩み始めている気がします。

危うい時代に進み始めている気がしてならない。

”そんなふうに心配している”のはだけではないと思います。

これまでグローバル化が叫ばれていた世の中が、

今度は閉鎖的なナショナリズムへの道です。
[PR]
by sun-logi | 2016-06-29 11:39 | 経済問題 | Comments(0)