男社会が背景

最近、マスコミでバッシングを受けている問題

そう「STAP細胞」の小保方晴子さんの事、気になります。

と言っても細胞の存在であるとかに気になるではなく、

女性研究者である小保方に対するマスコミ・社会の反応です。

さめた目で見ると、これって理系研究者はまだまだ男社会で

うら若い可愛い女の子が偶然かどうかは別として、

やってしまった事に対して日々黙々と研究していても目が出ない

男供の妬みが背景にあるのでは?・・・と


理系研究の世界一般社会より更にかなり遅れていて

まだまだ男社会でこの世界に女性が進出して来ていることに

男供は不満と恐れがあるのではと私は勝手に思っています。

おまけにマスコミが「STAP細胞」の小保方晴子さんを

盛んに取り上げて”理系女”なる言葉まで流行らせた。

益々日々地味な研究をしてうだつの上がらないおじさん達は

憤懣遣る方ないといったものが背景にあるのではと疑いたくなる。

私の周りにいる女性企業家や大企業女性学卒社員さんは

みんなそんな男社会と少なからず日々戦っている。

多分今回の小保方さんの問題をわが事のように感じて

報道を耳にしているのではと思う。

それにしてもマスコミの取り上げ方は異常である、

上げるだけ上げておいて、今度は魔女狩のように叩く

これが良識ある人間のすることか?甚だ情けなくなる

世の志ある女性よ、この現実社会を変えていかないと、

変えるにはとてつもないエネルギーが要ります

でもやらないと、やるしかないです
066.gif
[PR]
by sun-logi | 2014-04-18 09:57 | 社会一般 | Comments(0)