私を悩ます問題!

今日は少しネガティブな話題をします025.gif

私はサラリーマンを辞めて父の跡をついでこの運送業界に入り、色々苦しみ勉強して

きた。田舎のこの運送業界では、私のサラリーマン経験では考えられない事情・常識

が存在し随分苦しみ、苦しめられてきた。でもそれは私の”天命・運命”と諦めて、

改善すべき課題に精一杯取り組んだ心算です。しかし、残念ながらそれが周りの人に

理解してもらえなかった、当然私の努力不足もありますが地域性もあるとおもいます。

これまで問題から逃げることは、”潔し”としないと思い努力した心算ですが、

やはり”物には限界がある”ようです。・・・と言いますのも、私が勤める業界団体

「三重県トラック事業厚生年金基金」の問題です。私はここの副理事長から理事長と

10年以上携わっています、過去には300億円の資産があり運営されていたものが

昨年3月末現在174億円の資産にまで減額し加入事業所179社加入員数

5500弱
となっております。しかも、この基金は繰越不足金43億円にも登り

「指定基金」として国の指導を受けざる得ない状態である。

私はこれまでこの組織の改善・改革に一生懸命努力しましたが、力足りず

会員事業所からは罵られ、又国との年初の話し合いでは激論し大きな声を張り

上げたりもした。しかし、所詮は国の指導に従わなくてはならないそんな立場で

あることには間違いない。我々の年金基金組織は、国がそれを民間業界団体に

広めてきたもので多くの問題点があり、制度は国が”雁字搦め”

しており”身動きが取れない”のが実情である。

それを政治は「政争の具」にし、自民党民主党改革改善をする努力を怠り、

これまで無責任に先送りしてきた結果が今までに来ている。

昨年末から今まで、世論は「安倍のミックス」で浮かれて、円安株高を喜んでいるが

この時期にこそ年金問題の前進に努力する時期だと考え、思い悩んでいます。
[PR]
by sun-logi | 2013-02-01 10:21 | 運送業界 | Comments(0)