人気ブログランキング |

シンガポール港

前々回のブログでシンガポール旅行について

書いたが、

実はこの旅行にはもう一つ目的があった

それは、シンガポール港のコンテナヤード

見る事だった049.gif

2年近く前に釜山新港についてこのブログで

報告した事があるが、

その時このシンガポール港の話が出ていた

そこでこのシンガポール港の話をします

この港はコンテナーの取扱高で永い間

首位でしたが2010年に上海に抜かれています

港湾運営会社は政府100%出資会社

国際ハブ港を目指してきた

この港は船から船へ貨物を積み替えるトランシップが基本で

貨物をいかに効率よく早く時間厳守で正確に積み込めるかで

国際競争している

又サービス面では手続のペーパーレス化・ワンストップ化を

実施し、船舶の停泊時間はおおむね10時間程度で完了する

コンテナーターミナルは大きく4地区に分かれ

タンジュンパガー地区バース延長2300m・8バース・水深14.8m
ケッペル地区バース延長3200m・14バース・水深15.5m
ブラニー地区バース延長2600m・9バース・水深15m
少し離れた
パシールパンジャン地区バース延長7900m・23バース・水深16m

写真は私が撮ったものですc0210803_11301812.jpg
シンガポール港ですが、スゴイ数の船舶が停泊しています
ペーパーレス・ワンストップサービスで10時間程度の停泊でもこれだけの船舶がいます




c0210803_11441373.jpgタンジュンパガー地区のコンテナーターミナルの遠景

コンテナーは6~7段積みしてたかな?






釜山新港・シンガポール港と言いスゴイ規模とサービスを競って

ハブ港湾を目指しています

日本の港湾と大きく水があいていると感じるのは私だけでしょうか・・・

by sun-logi | 2012-02-25 10:55 | 運送業界 | Comments(0)