晋山式で

私が毎日曜朝参禅会に参加していることは前にも話しましたが

そのお寺は津市内の三重県庁下にある四天王寺です。

このお寺で11/1に晋山式(しんさんしき)が執り行われた、

この式典では前住職から新住職へのバトンタッチを行うもので、

所謂新住職の就任式です。

その行事で夜のイベントとして尺八・太鼓の演奏会が開催された。

その太鼓演奏は、若い僧侶12人による太鼓で全員黒い袈裟を着て

新住職も入り力強く意気も合った素晴らしいものだった。

若い僧侶の清々しく・力強く・凛とした身のこなしは、

凡人のこの私にはいつも憧れの対象である。


尺八の幽玄な音色と太鼓の腹わたの底から響くリズムに酔いしれ

和の世界そのものといった空間に身を置いて日本の良さを

再認識した夜だった。


この式典では他に興味深いものとして、所謂禅問答が行われた。

座禅を行う私にはこの禅問答が興味深く・面白いものだった。

世間には仏教界に不平不満を言う人が多く居ますが、

それは金銭面を強調してのことが多くあるように思います。

それにも係わらず現代人の多くは心・精神面で救いを

求めて静かに座ろうとしています。

皆さんもどうですか?只座ってみては!!!

[PR]
by sun-logi | 2009-11-01 18:17 | 趣味 | Comments(0)