英国のEU離脱!

先週末からイギリスのEU離脱問題が大きく取り上げられ、その対応と影響

を心配する報道が盛んに行われている。

内外の株式相場は大きく動揺し、為替相場も同様の動きをした。

私は少し前から多少英国・欧州に関する書籍でその歴史等に興味を持ち読んできた。

以前は米国留学での知識を売りにしていた人の書籍を読む機会が多かったが、

最近では英国で勉強してきた人・中西輝政・浜矩子などの著作を読むことも

多くなっていた。

私には声高にグローバル経済を叫ぶ米国に疑問や納得できないものが生まれてきている。

又、中西氏が言う様に世界の政治・経済の歴史的な流れ・潮流が大きく変わろうと

していることに興味が惹かれる。

今年は世界の主要国リーダーが多く変わる年です。その最たるものは米国ですが、

何故トランプ氏が出てくるのか?成金男で暴言を撒き散らす姿は昔の西部劇

カウボーイそのものだ。南部アメリカ気質の象徴とも言えるが、

本人は以前民主党に属していたとのこと。

一体プリンシプルはどうなっているのか?呆れ返る人だ。

それに関する報道を見ていて米国のポピュリズムが救い難いと嘆いていたが、

英国も国民にポピュリズムが蔓延した結果が今回の事件だったのだろうか?

旅行するにはEUは便利で楽と我々はその表面的なことに感動し、

恰も「欧州は一つ」と信じ切り、その本質的な問題を解決しないままであることに

目を逸らしていた。

EUも出来て時間が経ち、多くの問題が表面化することが多くなっていた。

「まさか・・・?」を心配していなかった。

しかし、歴史を遡ると十分にその可能性はあったことであり、

歴史はそれを繰り返したのだと思える。歴史とはそういうものなんだろうな?

各国の民衆の間にはポピュリズムが蔓延し、

それと対極に極右勢力が台頭して来ている。

国際関係では明らかに”ナショナリズム”への道を歩み始めている気がします。

危うい時代に進み始めている気がしてならない。

”そんなふうに心配している”のはだけではないと思います。

これまでグローバル化が叫ばれていた世の中が、

今度は閉鎖的なナショナリズムへの道です。
[PR]
by sun-logi | 2016-06-29 11:39 | 経済問題 | Comments(0)

山梨のさくらんぼ!

先週末は「さくらんぼ狩り」をしようと山梨・甲府まで出掛けた058.gif

前日に富士の麓・河口湖で泊、のんびり湖畔を散歩したり

美術館などを見て回る時間も取れて良い週末を過ごした。

ラベンダーが鮮やかな紫の花を付けて咲き誇る中を歩くのも

中々良いもんだと思えた。今回の企画は”さくらんぼ”好きの

女房に”佐藤錦”「さくらんぼ狩り」をさせることを

目標にしたものです。私は学生時代に”富士五湖”ではよく

合宿をしたので昔の記憶はあるが、妻は道産子なのでこの地を

全く知らないハズ。前日は曇天だったが、翌朝は快晴となり

暑いくらいの気温の中、甲府で”さくらんぼ”を腹一杯食べた。

ハウスの中で脚立を使い、高所の良く熟した実を取っては

下で口を開けて待っている妻に実を渡す。

結婚何年目かの共同作業です!!木によって味が違い、

先客に教えて貰いながら制限時間一杯口に頬張り続けた。

これで少しは「女房孝行」出来たかな・・・?それは女房が決めること。

最後にご機嫌な「富士山」の写メをアップして置きます。
c0210803_1244146.jpg
[PR]
by sun-logi | 2016-06-13 12:57 | 趣味 | Comments(0)

交通安全大会

c0210803_10524810.jpg










先週末に津地区交通安全協会による「交通安全大会」が開催された038.gif

これは毎年開催されるもので今年は地元美里町の美里文化センターで

開催し300名近い人が集まって頂きました。

大会2部の表彰式では三重県交通安全協会表彰として交通安全功労者4

50年交通安全優良運転者131名40年優良運転者77名

津地区交通安全協会会長表彰として交通安全功労者4名

30年交通安全優良運転者38名と多くの皆さんが受賞されました。

この大会を主催する責任者として永年会長職を務めているが、

今年は何故か元気が出ない?・・・マンネリかな?

以前は”安協”をもっと良く、こうしたい!とか、こんなのおかしい?とか

それなりに問題意識があったが、最近はそれさえ頭に浮かばない・・・

官僚組織に付き合っているとこうなってしまうものか?・・・と虚無感さえ

抱いてしまう。困ったものです。いつこの組織を卒業させて頂けるのか?

思い悩む日々が当面続くようです・・・
梅雨時だからかな?

[PR]
by sun-logi | 2016-06-08 10:59 | 安全運転 | Comments(0)