<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

物流研究ゼミ発表会

先週に続き今回も勉強の話です027.gif

母校の神奈川大学・斉藤ゼミで物流研究会選考発表会が開催され、

そのお手伝いを依頼されて出向いた。

久し振りの学校の余りにも変わり振りと女子学生の多さにビックリ、

どちらか言えば硬派の貧乏学生の多い学校のイメージが随分変わっている!

学内でバッタリ中田信哉教授に会い、挨拶する機会もあり偶然とは言え・・・


話は本来の物流研究の発表ですが、4チームに分かれ2年から4年までの

混成チームで行われる。

①物流センター効率化による3PLビジネスの強化
②トラック運送事業者の安全確保に向けた方策
③物流企業の海外市場拡大を目指せ・・日本のTPP参加を受けて
④グローバルロジステックス・・中国の人材管理に関する研究

以上の4チームで競い、2チームが他校との発表会で競うための予選だ。

私が一番感心を持ったのは②チームの発表だったが、

このチームは発表者が全員女性でまとまりのある、

現場にいる私からも素直に聞ける話であり、展開だった。

今度のように、若い人から刺激を受け、話を聞ける事は

業界では味わえない機会であり貴重だと思い、

この場を与えられた母校にこの歳になって初めて

感謝したいと思うなんて・・・もう年かな?


ところで、最近若い人に”オタク”と称する”生き物”が増えていると思う、

私もどちらかと言えば”オタク”に近い子供時代を過ごしたが、

ツィッター・フェイスブックなどを見ていると盛んな会話・情報交換が

行われていて面白いと思うし、興味はあるが?

この人たちの実態はどうなのか?はなはだ疑問である・・・

仮想空間では自由に会話が出来、生き生きしている人が

実際に人と人の会話になると”カラッキシダメ!”目を伏せて言葉が

出ないという例が多く、生きた人間の会話が出来ない

これは、企業においても問題化してきており、企業の小集団活動

・改善運動
等にも支障をきたすこととなる。

どこぞの社長が「目の前の部下に、メールで指示を出す!」といった

ことが、まことしやかに言われたが事実に近くなってきたと心配する。

核家族・少子化それに共働き家庭に育った子供達の共通の課題と

感じるのは、私だけでしょうか?人間は人とぶつかり・競争したり

傷つけあい、愛し合い、喜びも悲しみも仲間と共有して育つもので、

一人で勝手に育つものではないし、機械が育ててくれるものでもない。

企業経営もただ儲けるためだけで、営業しているわけではない、

顧客・従業員・その家族など多くの人と喜びを共有する事に意義がある。

「金の為だけに・・」ただそれだけに一人生きて、何が楽しいのか?

みんなと喜びを分かち合ってこそその喜びが倍増し、

心から幸せを感ずると思うのだが・・・

これも、現代では親父の独り言になってしまったのかな?
c0210803_1175299.jpg
[PR]
by sun-logi | 2012-10-30 09:53 | 運送業界 | Comments(0)

お酒の宅配

今日は先日大阪であった”講演会”の話をします027.gif

講師は関東で酒の通販・宅配を事業展開している

㈱カクヤス社長の佐藤氏の話です

カクヤスは元々飲食店向けの酒の卸をしていたが、

試しに”酒のディスカウントショップ”を始め、そこから

そのお酒を届ける”お届けモデル”をたまたま考えた

1,2キロの商圏でしばる。(タマタマ)
②付加価値として、1回配送料300円を取る。

この方法で始めて、現在

①東京23区を137店舗でカバーする。
②どこでも、1本から配送料無料でOK
③リードタイムは2時間からOK(現在は1時間の地域もある)
に至った。

その過程で一般宅配から、飲食店へと回帰することで効率アップ

販売を拡大する。その後

◎1回当りの配送の販売・最大化が課題

と考え、近年花屋・文房具屋を買収し、又米の宅配も始めた。

これからは、出来る強みは企業の力、生み出す力が生き残れる。

今まで

百貨店 → スーパー → コンビニ ・・・へとなり、

家庭の玄関を取ったものが勝ち

企業が大きくなることは、お客様へのサービスをあげる事ができる。

拡大マーケットでは安売りはシェアーアップでペイ出来るが、

今のような縮小マーケットではこれはダメ。


以上が私の心に残った話だった。
[PR]
by sun-logi | 2012-10-22 11:41 | 経営関連 | Comments(0)

日中冷戦時代

最近、私は敢えて「経済と特に政治」に関する本を遠ざけてきた027.gif

何故かを話せば長くなるので省略、でも先週下の本を読んだ・・・
c0210803_13115074.jpg
著者の中西輝政は京都大学教授であり、過去に三重大学でも

教鞭を取った方であり、私も一度講演会の後個人的に話した事がある。

彼は、過去安部内閣時代に総理の思想的ブレーンとしてマスコミに

取り上げられて、その当時はよく目にしていたが民主党政権下では

最近静かだった。その彼が最近の韓国・中国・ロシアとの領土問題

の騒がしさから、その発言が目立つように感じるのは私だけかな・・・?

世界的にも米国はネオコン(ネオコンサバティブ)やドイツのネオナチ

など保守派の新しい流れが生まれている中、安部政権当時には

新保守の時代を予見・期待していた人だが、彼の「日中冷戦時代」

言う捉え方はとても面白く、興味深いものがある。

この様な時代に一方では我家の愛猫「ナナちゃん」の如く、毎日オタク

を決め込み、時代の動きに目をつぶりただひたすら”惰眠”貪る国民が

居るのも現実である。

近年、釜山新港で現地企業の親日派社長に「日本の皆さん!この20年

間何してましたか?いい加減に目を覚まして起きて下さい!」
と言われた

のを思い出す。政治・経済共に惰眠に耽っていた私達に警鐘を鳴らして

いたのである。過去の歴史で”眠れる獅子”は中国を指し示していたが、

現代は”日本”を指し示しているのだろうか・・・
c0210803_1341320.jpg
[PR]
by sun-logi | 2012-10-15 13:51 | 社会一般 | Comments(0)

有難い言葉!

日曜座禅会の帰り道にあるお寺の境内に・・・027.gif

この写真の掲示がしてありました・・・
c0210803_12435935.jpg














いくらころんでも所詮大地の上の話

いくらつまずいてもこれまた所詮仏の抱いている悲しみの中の小さなこと

大自然・自然の摂理からする人間の悲しみや苦労なんて

ちっぽけな、小さなこと・・・

この世には、まだまだ計り知れない大きな苦労や悲しみがあると


説いているように私は思うのですが、

如何に・・・?

今まさに悩み・苦しんでいる貴方はどう受け止めましたか?

[PR]
by sun-logi | 2012-10-09 13:12 | 趣味 | Comments(0)

秋本番!

この3連休は如何でしたか?001.gif

土曜日には地元「津市」のお祭りで市民総踊りに

”津地区交通協会”の女性部中心に参加した。

総勢60名で例年なら人を掻き集めて40名代だが

今回は美杉・八知地区からの加勢もあり、盛り上がった!

やはり女性は元気がある、世の男達はカッコ付けてもダメ!

写真はそんな総踊りを踊りに参加して踊りながらの1枚・・・ブレマクリ
c0210803_1116930.jpg













秋を満喫のもう一枚は”栗の渋皮煮”を今朝頂きました

お隣から立派な栗を頂き、栗ご飯と渋皮煮にして

大変美味しく、ホクホクを味わいました。秋味最高!!c0210803_11175986.jpg
[PR]
by sun-logi | 2012-10-09 11:23 | 社会一般 | Comments(0)

温泉三昧!

先週・金曜日に仕事で大分入りをした!

朝一の飛行機で大分空港へ午前中は知人・運送業者の配送センターを見学して、

その規模の大きさとシステムに興味津々で時間が過ぎる・・・

午後はオフとなったので久し振りの別府へと向かう事にした。

私は大分県にはサラリーマン時代3年程勤務した事があるので多少土地勘がある。

そこで今回始めての人達を案内して”別府の地獄めぐり”を行った・・・

竜巻地獄・血の池地獄・海地獄と三箇所回れば皆同じに見えて飽きてきた

そこで、明礬温泉下にある”別府温泉保養ランド”に行き温泉を見るだけでなく

入る事にした。
c0210803_9243687.jpg
























c0210803_9252444.jpg

「何故此処かは行けば解る」と同行者に説明しながら、この”昔ながらのヘルスセンター”の如き施設を心配げに見ている人を気使いながら、自分自身も多少不安ではあったが以前(20年以上前)にこの温泉には入った事があるので、ここの薀蓄(うんちく)を述べて気を落ち着かせていた・・・


実はこの”温泉保養ランド”なる施設の一番の売りは

”泥 湯”なのである・・・そう”泥パック”の様な”温泉の泥”が素掘りの湯船(露天風

呂)の底に、”田んぼの泥”の如く、膝までぬかむる状態で「気持ち悪い事この上な

い!」
それも素ポンポンの裸で挑戦するのだから勇気がいるのです。

でも一同この未体験の温泉に感激し、硫黄の匂いをプンプンさせながら帰路に着いたのです。
[PR]
by sun-logi | 2012-10-01 09:29 | 趣味 | Comments(0)