<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

参禅会の効用

毎日曜日、早朝いつもと同じように「四天王寺」へ参禅会にに出かける。059.gif

いつもと同じ様に8時からの座禅の前に本堂で住職指導の下

柔軟体操をして身体をほぐし座禅の部屋に移動(この寺には座禅堂はない)

いつも大体20名前後の参加人員で座布を並べて面壁一列と背中合わせに

庭に面して一列の二列で座る。

座る時間は大体40分位かと思うが、この座禅時間中は警策
(座禅時に足を組む人を叩く棒)を持った人が部屋の中を歩いて、警策を使い

足を組んでいる人を叩く等をこの寺ではしない。

座禅が終わると、全員で作務として庭の清掃・除草作業を行う。

簡単な清掃作業が終わると、全員で座禅をした部屋に集まり、

全員二列に並んで座り、庭を眺めながら無言でお茶・お菓子を頂く。

作務・お茶の時間も含めて座禅と同じ修行の時間と教えられている。

これら一連のスケジュールが終わると最後に全員で車座になって、

好きな事を一言ずつ話す時間が順番に皆に課される。

自由な事を思い思いに誰に遠慮なく話す、又そのことで議論をすることなく

ただ一方的に放言出来る。


そこで、今回いつものメンバー(常連さん)から面白おかしくこの座禅会の

効用として話がなされた。


それは、座禅会の一連の流れが「非常に心休まる」「心落ち着く」と言うもので、

その言葉に同調する人が数人いました。それも、特に女性に多く、

皆さんがその機会を持てることに感謝し、一緒に座っている人に感謝し、

又この場を提供してくれている寺・住職に感謝するというものであった。


住職曰く意図的にこの方法とやり方で現在座禅会をやっているとのことで、

そこは考えた上での方法とのこと。

しかし、座禅の正式な作法からは外れているのを認めている。

だが、その意図に共鳴して明らかに人が集まっているし、

座禅会は地道に続いているし、続けることに意味がある。

[PR]
by sun-logi | 2012-05-29 09:30 | 趣味 | Comments(0)

只管運転

昨日久し振りに”座禅会”に参加した013.gif

連休の頃から、毎週用事があり座れてなかった

いつものようにいつもの人達でいつもの如く・・・

ただただひたすら座るこれを”只管打座”と言う

このことは”言うは易し、行うは難たし”本質的に

「人間は一度に一つのことしか出来ないとのこと。」

ならば、ながらは結局中途半端なこと・・・

やっている

ご本人は合理的なようでその実、

完成度の低い集中度でことが成される

受験勉強がそうだが、その失敗が私!

最もその頃は、深夜ラジオを聞いて受験勉強

それが流行だったけど・・・


”座禅”
に、話を戻して座っていて”無”になると

よく言われて、座りに来る人が絶えないが

そんなに簡単な事ではない・・・

何年やっていても、そうかと言えばそうでもない?

”ただただ座る事に専念する!それあるのみ!!”

安全運転も本質的にそのことに共通する

”ただただ運転する事に専念する”

心のどこかで何か別のこと考えていれば

安全は危うくなる?
そこで私が考えたのは

”只管運転”

皆さん簡単なようで、非常に難しいこのこと

実行出来るように、日々修行です!!
[PR]
by sun-logi | 2012-05-21 09:47 | 安全運転 | Comments(0)

これからの10年!

連休中にスキーc0210803_10124929.jpg

に行って読んだ

この本、感動物

著者はカリスマ

経営コンサル

”神田昌典”

彼の本はこれま

でに数冊読んだ

その集大成と

思える一冊だ

彼自身もこの本

を自分の遺書

書いている。

実は彼自身昨年、若くしてガンを患い命のおごり知った

そして、時を同じくして自身の会社の経営問題

を経験して、経営コンサルタント・社長として

社内の経営問題・病気と闘ったそうです。

彼自身40代の起業家であり、時代を見据えて

取り組む姿勢や後に続く若手起業家・後輩・若者に

対する提言は非常に感銘深く示唆に富んだものがある。

是非、興味のある方は一読を薦めたい045.gif
[PR]
by sun-logi | 2012-05-12 10:42 | 経済問題 | Comments(0)

大自然からの贈り物

ゴーデンウィークのc0210803_14523627.jpg

5月5日には

長野・白馬

大自然を相手に

格闘してました

066.gif

そんな私を山里

は暖かく迎えて
c0210803_1514012.jpg
くれました

郷はが満開

やっとここにも

がやって来て

心癒されます・・

一方、山は

まだまだ厳しく
c0210803_15113231.jpg
私達を容易く

受け入れて

くれません042.gif

このコブ

変わらずに

厳しく急で・・

でも魅力的で

私を虜にして

離そうとしない

そう、此処には

未だ私の青春

残っている006.gif
c0210803_15214084.jpg
最後の写真は

白馬岳でこの日

北九州の医師

達が遭難して

遺体で発見され

た山頂付近です

美しいが気高く

厳しい貴女のようです・・・これは余計な話かな?

[PR]
by sun-logi | 2012-05-07 15:09 | 趣味 | Comments(0)