カテゴリ:慶弔関係( 19 )

受賞しました!

 去る平成29年7月3日の「三重県警察記念日表彰式」の式典で、私は”中部管区警察局長”名で感謝状を

頂きました。

感謝状の文面には”多年にわたり警察業務に深い理解を寄せられ交通安全活動において多くの成果をあげ警察に

多大な協力をされました”
と書かれています。

私は実は交通安全協会のボランティアをもう20年近くしております。地元地区の交通安全協会の会長も長く

そろそろ引退したいと考えていますが、後任がいないと言われ続けています。

何時になれば卒業できるのか?・・・甚だ心配です。

ぼやいても仕方ないですが、取り敢えず賞状の写メをアップして置きます。

内容はともかく賞状だけは国立印刷局製の立派なものですよ。

c0210803_14263003.jpg





[PR]
by sun-logi | 2017-07-15 14:21 | 慶弔関係 | Comments(0)

謹賀新年

c0210803_1295819.jpg










新年明けましておめでとうございます

恒例の初詣を元旦に「伊勢神宮」で行いました。

お正月は天気も良く暖かくて気持ちの良い日でしたね。

毎年元旦の午後一に参拝するのですが、

今年は”御遷宮”以降で一番の人出と感じました。

去年1年間の家内安全・商売繁盛を感謝し、新しいお祓い札を買い求めて

神棚に納め気分一新、さあ~今年も頑張るぞ!!

写メは「内宮」入り口の鳥居です。
[PR]
by sun-logi | 2017-01-05 11:27 | 慶弔関係 | Comments(0)

メリークリスマス!

今日は12月24日クリスマス・イブです!

皆さんに、クリスマス・プレゼントを贈ります。

年末の挨拶回りで見かけたクリスマス・ツリーです。

梅田の新阪急ホテル・ロビーに飾られたものです。

センスの良い上品なツリーを味わって下さい。

サンロジの多くのクリボッチ達に私からのエールです。

FROM池田潔

c0210803_12463658.jpg
[PR]
by sun-logi | 2016-12-24 12:53 | 慶弔関係 | Comments(0)

母の三回忌

実は今月18日は母の命日で今年は三回忌になります002.gif

それで、先日の13日日曜日に菩提寺にて法要を執り行い

事後、会食をしながら久し振りに親戚と話し合った。

叔母達も随分高齢になり、それぞれが健康に不安を抱えて

毎日を過ごしている状態であり、そのことは世間一般でも

当たり前の”老いとの戦い”であり、”老人介護問題”等の

身近な話である。私ども夫婦も何れはそんな問題に直面するが

今のところは”他人事”と話を受け流している。

それぞれの家族は、少子化であり又核家族化していて子供は側にいない。

何かことあれば、駆けつけるといっても直ぐには間に合わない。

それだけではない、私達が眠る墓の守は誰がするのか?

”問題”といえば”大きな問題”である。

墓石は解けて腐って無くなる訳ではないし、永く存在する。

今、私達世代では、先祖代々の墓をどうするか?・・・

悩ましい問題に直面している。

我々は行うが我々の子供世代に期待することは無理だろうというのが、

大方の同世代の意見だと思われる。

現代人が一度真剣に家族で話し合わないといけない”大きな課題”である。
[PR]
by sun-logi | 2016-03-15 15:47 | 慶弔関係 | Comments(0)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます!

今年の元旦・三が日はお天気も良く、暖かくてとても良い年初めでしたね!

サンロジの皆さんも仕事でない人達は家でゆっくり家族と共に良い正月を

迎えたことと思います。

 なお、仕事の仲間たちは皆が正月休みの中大変ご苦労様でした。

帰省ラッシュやお伊勢参りで渋滞の多い中での運転お疲れ様でした。

休みをずらしてゆっくり休養してください、宜しくお願いいたします。

 さて当サンロジは正月の21日よりチルドのピッキング・配送を始めます。

当社にとっては初めてのことで新しい挑戦となりますが、現在のところでは

車両も人員も準備は着々と進んでいます。小牧営業所の仲間たちの協力で

作業がスムースなことに、改めて皆さんの気持ちの有難さに感謝すること

大です。当社としては全社を挙げてこれを成功させ、更に次なるステップに

進めて参りたいと考えておりますし、今年はその実行・実現の年となります。

 最後に日々の作業は地道に着実に安全を重ねることに尽きますので、

今年も全社を挙げて安全運転・安全作業に取り組むこととしますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

c0210803_953115.jpg
[PR]
by sun-logi | 2016-01-05 09:06 | 慶弔関係 | Comments(0)

長男の結婚式

実は9月27日(土)長男の結婚式でした。024.gif

今年9/2833才になる息子は10年以上のお付き合いの娘と

ヤットこさゴールインです。この親父と違い息子は実にジックリ型で

彼女がいる事を知ったのはそんなに昔でもないが、

彼女の存在を知ってからでも何年か時間が過ぎているので、

相手のご両親もさぞかし心配だったと思います。

 ところで、長男と私の人生の中で私は彼に3つ感謝をしている事がある。

一つ目は私が彼に3才の時から教えたスキーを彼は大学入学のサークル

に最初に選んだ事でした。私が生涯通して好きなスポーツを息子も好きで

居てくれることは親の喜びです。

二つ目は、私達家族は転勤族として全国を回って、子供達も多くの苦労が

あったと思いますが、就職試験の面接時にその事を逞しいと褒められたと

私に笑って話してくれました。父としては大変救われた気持ちで嬉しかった。

三つ目は、今彼は世界を相手に貿易をしている。私は学生時代に貿易商務

研究会
と言うサークルにいて貿易実務を遊びで勉強していた。

若い頃は世界に飛び出して活躍するのが夢だった。それを今彼は実現して

頑張ってくれている。こんな嬉しい事は無いです。

このことを式の父親の挨拶で話そうと思っていたが、

中々上手く話せなくて心残りでした。

二人の末永い幸せを祈ります。040.gif
[PR]
by sun-logi | 2014-09-30 13:24 | 慶弔関係 | Comments(0)

永年勤続表彰

当社には昔から「永年勤続表彰」と言う制度がある001.gif

この制度は10年・20年の永年勤続者にその労に

報い感謝する制度でささやかな記念品を贈り、

どちらかというと本人よりその家族に喜んでもらう制度

である。今年は20年の該当者が2名おり、

何れも当社のベテランドライバーである。

氏名は加藤紀史・山下幸伸の二人で両者とも

ヤマト運輸関係の仕事を担当しており、

何れも会社・職場からの信頼が高く貴重な人材です。

今後とも末永く、安全運転でよろしくお願い致します。

記念品はご家族用にとカタログ贈答品からチョイス>049.gif
c0210803_9192113.jpg
[PR]
by sun-logi | 2014-08-07 09:25 | 慶弔関係 | Comments(0)

女人高野山

随分ブログ更新が出来ないでいました040.gif

言訳をすれば切がないですが

母が亡くなりその後の法要や年度末で

各団体の決算・総会とそれに関連した

会議や行事、自社の決算・総会と済ませ、

丁度その時期に自社車両が大きな事故を

伊勢湾岸高速道で起こしてしまい、その処理

で社内がバタついたり、社員に対する安全教育の

再度徹底で駆け回る。そこに引続き新しい仕事や

繁忙期体制の準備です・・・。

一気に書いても結構な項目になりますね?

そんな中、梅雨前に亡母の分骨を本山に

納めて来ました。本山と言っても私共の墓がある

寺では近隣で奈良県にある「室生寺」に収めるのが

慣わしで、祖父母・父・兄もそこに眠っております。

小さな骨壷に収まった母を抱いて「室生寺」の急峻な

石段を登り、”奥の院”で法事を執り行いました。

前回此処を訪れた時は父・兄の法事で、母はここの急坂を

登る事を諦めて門前町の料理屋で待たせてもらいました。

ここ「室生寺」は昔は”女人高野山”と呼ばれ、高野山は

女人禁制でしたが「室生寺」は許されていたそうです。

山門の石柱にも”女人高野”と書かれています。

無事に法事を済ませて前回母と共に食べた地元の山菜料理を

再度美味しく頂く事が出来ました。

写真は「室生寺」の山門風景で、もう1枚は此処の有名な小さくて可愛い五重塔c0210803_9424220.jpg
























c0210803_9433791.jpg
[PR]
by sun-logi | 2014-06-07 09:54 | 慶弔関係 | Comments(0)

母の死

永年一緒に暮らしたを先週亡くした040.gif

私は高校を卒業後上京し大学を卒業と

同時に全国を転勤して回り45歳で故郷に

帰った。この間25年以上は余り実家には

顔を出さない生活していたが、父を亡くしてからは

妻には無理を言って母と一緒に暮らすことにした。

母は最近までデイサービスに通い、趣味の書道や

カラオケなどを楽しんでいたようで、書道の賞状を

頂いたりとそれを私に見せるのを楽しんでいた。

そんな母も高齢で足腰が弱り、食欲が落ちて

寝たきりの状態となり、施設のお世話になっていた。

それでもリハビリを頑張るなど本人は自宅に帰る事を

目標にしていたが、益々体力が低下して入院加療の

後に亡くなったのである。その間私は毎日母の顔を

見に施設・病院と通っていた。そんな事が出来るのも

父の事業の後を継いだことで時間的に自分で都合が

つけられる。そんな立場に感謝しながら父も母もそれに

兄までも見送ったのです。

私は三男であり、就職した時は転勤族で親の死目には

会えないものと覚悟していたのが、

三人の身内を喪主として見送ることが出来た。

これも運命だなとしみじみ感じる春の宵である。

あ~花見が楽しみである001.gif
[PR]
by sun-logi | 2014-03-28 09:25 | 慶弔関係 | Comments(0)

賛美歌

今回は先日(9/23)福井県敦賀市で行われた知人の葬儀について話します002.gif

彼は50代半ばで亡くなったのですが、喪主は長男で未だ中学生その下に

二人の弟・妹がいるといったことでまだまだ気掛かり・教育にお金が掛かると

思われ今後の行く末に大変だな?この家庭を思いやった。

この人の葬儀は葬斎場で行われたのですが、仏式ではなくキリスト教であった。

私はキリスト教の葬儀はこれまで1~2度参列した事があるが、

認識としては線香の替わりに献花、そしてお経の替わりに賛美歌という程度のもので、

牧師さん説教の後、いつもの賛美歌の運びとなった056.gif

この賛美歌ですが、仏教徒の私がそれを知る由もなく

いつものクチパクを決め込んでいたらその賛美歌が

「アメージンググレイス」だったのです。

それも式場の多くの人が声を合わせて静かにそれでいて厳かに歌うのです。

”私田舎者ですね!”会場には多くの外人がいて”亡き彼”の婦人もフィリピン人

とのことで、皆さん声を重ねて歌っておりました。

この歌声を聴いて私久し振りに感動を覚えました、

生きた感情のこもった歌声に聞き入り、自分でも口ずさんでおりました!


恥ずかしい話、「アメージンググレイス」が賛美歌とも知らず

でも、心の奥まで届くいい歌声でした。故人のご冥福を祈ります040.gif
[PR]
by sun-logi | 2012-09-26 09:09 | 慶弔関係 | Comments(0)