市民総おどり

10月7日に当社の地元津市のお祭りあり、その祭行事の一つに

「市民総おどり」と言うのがある。これに私が会長を務める”津地区交通安全協会”が毎年参加している。

この総踊りは市内の各種団体や企業の有志が集まり、津音頭・高虎音頭など地元に関係深い踊りを市民の有志で

踊る津市民の津祭の一つの催しです。それが大きな街ですとそれなりに人数が集まり賑わうのでしょうが、

わが街は踊り手総勢が1500名くらいで、それでも地元ではそこそこの動員ということになります。

この踊りに交通安全協会が「交通安全」交通安全協会PRを兼ねて参加することになり随分年が経ちます。

お蔭様で安協女性部が中心になって63名の活動ですが、毎年男の私も一緒に踊ったり交通安全啓発の

幟旗を持って列を先導したりの役割を果たします。

毎年感じることですが、今年も”踊り”を楽しもうとする女性協会員の熱意に感心させられます。

それに踊りが好きで、お上手です。

 いつも、女性会員の皆さんは交通安全の行事や毎月の街頭指導の時に中心的に動いて下さいます。

女性の皆さんは小学校のPTAの行事で黄色い旗を持って通学路に立った経験があり、子供を守ろうとする

母性本能があり、子供が好きです。これが基本的な力となっていると私は常々考えています。

本当に交通安全協会・女性部の皆さんいつも有難う御座います、それにこれからも宜しくお願い申し上げます。
c0210803_13253967.jpg


[PR]
by sun-logi | 2017-10-14 12:59 | 社会一般 | Comments(0)