瞑 想

今日は久し振りに本を紹介したい。

「マインドフルネス入門」というもので、サブタイトルに「脳疲労が消える最高の休息法」とある。

この本は半年以上前に東京でベストセラーとして棚に大量に並べられていた物で、最近は名古屋でも
 
ベストセラーランキング上位にある、しかし当地”津”では棚に本がある程度の扱いです。

その内容は”現代人は脳が疲れすぎている”として、その原因に”人は過去の出来事をくよくよ悩んだり

後悔したりする、又将来の夢や不安等にもあれこれ悩むことが多い”


そのことが脳を疲れさせることになるとしている、そしてその解決法として”瞑想”を示している。

これは正に私が毎週実践している座禅に通ずる。この本では瞑想の仕方について”座禅”ほど

厳しい形式をばっていないが、その言っていることは”座禅”そのものです。

瞑想することで脳をリセットする。

どうです皆さんも一度瞑想を試してみては・・・
c0210803_09553642.jpg








[PR]
# by sun-logi | 2017-08-01 10:33 | 趣味 | Comments(0)

旧 友

学生時代のクラブで一緒だった長崎在住の友人が患った。131.png

彼はクラブの中で、バンドを作りリードボーカルでベース担当だった。

ハイトーンの声で本人も高音で歌うことを好んでいたように思う。

その彼が最近頸椎のヘルニア手術をしたとのこと。

彼は去年のクラブOB会で翌年のOB会で昔のバンドを再結成して、

クラブ後輩達とライブ演奏することを約束していた。

しかし、今年予定のライブは術後の経過的に無理が出来ないからと延期することとなった。

後輩達も彼のステージを期待していたが、その事情からも仕方なく来年に期待することとした。

そんなわけで、彼は学生時代人気者で落研の経験があったことからいつも笑いの渦の中に居た。

卒業後は家業を継いで長崎で会社経営をしている。私はサラリーマン時代福岡勤務の時があり、

彼の会社を訪ねたり、家族で交流することもあった。

その後、私も家業を継いでお互いに後継社長であり、中小企業の経営上の悩みや問題について

話し合う良き関係でもある。

そんな彼に、英国旅行リバプールに行った時(ライブハウス・キャバンクラブ:ブログ前出)

お土産を買っておいた。共通のビートルエイジ・ファンであることから、

ビートルズを記念したグッズ(ビートルズの写真入りギター・ピックセットを選んで

最近彼のもとに送っておいた。

そして昨夜、その彼からお礼の電話があり久し振りに長電話をした。

古き友はいいものである・・・古き思い出もいいものである・・・そんな風に思う年になった。

この写メはそのギターピック
c0210803_09503526.jpg

[PR]
# by sun-logi | 2017-07-25 11:46 | 社会一般 | Comments(0)

受賞しました!

 去る平成29年7月3日の「三重県警察記念日表彰式」の式典で、私は”中部管区警察局長”名で感謝状を

頂きました。

感謝状の文面には”多年にわたり警察業務に深い理解を寄せられ交通安全活動において多くの成果をあげ警察に

多大な協力をされました”
と書かれています。

私は実は交通安全協会のボランティアをもう20年近くしております。地元地区の交通安全協会の会長も長く

そろそろ引退したいと考えていますが、後任がいないと言われ続けています。

何時になれば卒業できるのか?・・・甚だ心配です。

ぼやいても仕方ないですが、取り敢えず賞状の写メをアップして置きます。

内容はともかく賞状だけは国立印刷局製の立派なものですよ。

c0210803_14263003.jpg





[PR]
# by sun-logi | 2017-07-15 14:21 | 慶弔関係 | Comments(0)

c0210803_13533149.jpg

前回はイギリス旅行の報告で”ビートルズ”について少し書きましたが、

今回は旅行で私が感じたり知った「イギリス」という国について少しだけ触れます。

イギリスは正式には”グレートブリテン及び北アイルランド連合王国”と言い、イングランド・ウェールズ・

スコットランド・北アイルランド
の4つの国で構成されている。今回の旅で私はイングランド

スコットランドに行ったのですが、この両国の間に国境があり高速道路沿いにもその看板があった。

さすがに検問はされてないが国が違うと意識させられる。エリザベス女王イングランドの女王であり

スコットランドの女王でもあり、それぞれ別の国として国事に就いて職務を果たしている。だから大変忙しいと

の事である。政治も権限の委譲により別の行政府があり国会・国会議員も別、中央銀行らしき銀行も別にあり、

その発行する通貨も違う。イングランドポンドはスコットランドで使用できるが、スコットランドの通貨は

イングランドで使えないことがある。

スコットランドヤードと言われる警察も軍隊もそれぞれの国の組織とその上部組織とで出来ているようです。

スコットランドのエジンバラに行った時は私は住民の民族意識と民族文化を愛する意識の高さに感心させられた。

日本人にはチェック柄で親しまれている、かの男性チェック・スカート姿も多く見られた。

まあ、私達が行く先は観光名所なのでそのようなパフォーマンスの人が多いのだろうが、

外国人の我々から見ていても、故国の歴史を大切にする気持ちは快く感じられた。

今回の旅行中に、私は1年程前に読んだ”イギリスの歴史が2時間でわかる本”という本を再度読み切り

その歴史的背景を少し理解したいと考えていたが、前記の4つの王国の戦いの歴史を知ると現在の状態や

最近起きたアイルランド独立やEU離脱とそれに関連してスコットランドの独立への胎動等計り知れない

歴史を背景にした国民感情や民族の永い戦いの歴史の重みを感ぜずにはいられない。

そして現在のイギリスがあり又新しい時代へと歴史は動き出そうとしているとの実感を抱いた。




[PR]
# by sun-logi | 2017-07-01 11:00 | 社会一般 | Comments(0)

ビートルズ・エイジ

久し振りのブログで申し訳ございませんでした・・・と言うのも

先週初めから夫婦英国・スコットランドに行っていました。

ロンドンからエジンバラに移動する途中にリバァプールに立ち寄りました。マンチェスターリバプールと言えば

イギリスを代表する歴史ある工業都市ですが、もう一つリバァプールビートルズが誕生した街です。

ビートルズ・エイジと言えば団塊世代、私達はその兄達の背中を追いかけてついて回った世代です。

ですから私はロックも好きですがフォークも好んだ時代でした。学生時代にクラブの仲間達がビートルズ

コピーバンド活動していて、その良さを改めて知ったことを思い出します。

ビートルズはこのマンチェスターマシューストリートにあるライブハウス・キャバーンクラブで初めてステージ

に立って人気が出たとのこと。現在もこのライブハウスは再建されてライブが行われている。

ここにアップした写メは、ライブハウスの入口とその店内・ステージです。血沸き・肉躍るそんな店内の雰囲気

感じて下さい。私はこの雰囲気の中で懐かしい楽曲演奏に鳥肌立ち感激そのものでした。キヨシ感激!
c0210803_12363902.jpg
c0210803_12501343.jpg















[PR]
# by sun-logi | 2017-06-24 14:24 | 趣味 | Comments(0)